読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめすこんぶ

日々のプログラミングで残しておきたいメモ.何かの役に立てれば幸いです.

Emacsの起動時間を早めるautoloadを使う

emacs

スポンサーリンク

最近macemacsがよくクラッシュします。知人に聞いたところ、(require 'なんとか)で余計なelファイルをロードしているのが原因だと。 .emacsrequireとなっている部分をautoloadにするだけで、プラグインが必要になった時にロードされるようになります。 すると、無駄なロードが防げて、メモリを有効活用するだけではなく、Emacsの起動時間も短縮されるんですね。

やり方

例えば、

(require 'js2-mode)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.js$" . js2-mode))

(autoload 'js2-mode "js2-mode" nil t)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.js$" . js2-mode))

とかえる。こうすることで、jsファイルを開いた時に初めてjs2-modeがロードされる。

markdownの例:

;; markdown
(autoload 'markdown-mode "markdown-mode" nil t)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.markdown\\'" . markdown-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.md\\'" . markdown-mode))

coffee-modeは、なぜか出来ませんでした。 理由を知っている方はご指摘いただけれると嬉しいです…

参考