読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめすこんぶ

日々のプログラミングで残しておきたいメモ.何かの役に立てれば幸いです.

GoogleAppEngineをつかってjavaでサーバーサイドアプリを作ってみる

スポンサーリンク

このページチュートリアルにそって、最初のアプリを作ってみました。

公式ページには5分でできると書いてありましたが、実際は難しいです。 途中、Apache Mavenのインストールをしなければならず、その時に(Windowsでは)環境変数を設定するためすこし遅れます。 また、mvn packageでパッケージを多量にダウンロードしまくる過程があるのですが、これもかなり時間がかかりました。

さらに、gclouddev_appserverのコマンドを実行する必要があるのですが、パスが通ってないのでそのままでは実行できません。

基本的にはチュートリアルの通りにして、gcloudコマンドを実行するために、

C:\.....\google-cloud-sdk\bin

のパスを環境変数Pathに加えました。

最終的に、

情報:Dev App Server is running

と出れば完了。 http://localhost:8080 に飛んでみるとHello Worldと表示されて入れば成功です。

デプロイ(GoogleAppEngine上へのアップロード)もしてみる

チュートリアルが終わりましたら、そのページの I have read and agree to all Terms of Service for the Google Cloud Platform product のチェックを入れ、 CREATE YOUR PROJECT のボタンを押しましょう。

以下コマンドを入力します。

appcfg.cmd -A 自分のID update target\appengine-try-java-1.0

最後のtarget\appengine-try-java-1.0はさっき作ったアプリの場所と同じものを指定します。 なので、さっき作ったのが、サイトの説明通りに\appengine-try-java-1.0なのに、\appengine-try-javaを指定しても通りません。

アップロード成功!

Update for module default completed successfully.
Success.
Cleaning up temporary files for module default...

こんなメッセージが出たら成功です!

自分のID.appspot.com をブラウザのURLに打ち込んで見ます。Hello, Worldと表示されればOK。