読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめすこんぶ

日々のプログラミングで残しておきたいメモ.何かの役に立てれば幸いです.

Backboneの導入

javascript

スポンサーリンク

今更ながらbackboneの導入のメモ。

Backboneの本家サイト。ここからDownloads & Dependenciesの部分のDeveloped Versionをダウンロードします(右クリックでファイルを保存)。 そして、htmlにスクリプトタグを記入。backboneのソースを呼び出すためにファイルのパスを記入します。↓のように。

  <script src="backbone.js"></script>

ダウンロードが面倒なら、以下の書き方によって、必要なときにWebからソースをダウンロードして使う、という方法を使うと便利です。わざわざローカルにファイルを置く必要がなくなります。

  <script src="http://backbonejs.org/backbone.js"></script>

ただ、本家サイトのTODOアプリの例題をみたのですが、なんだかなんだでアプリを作るためには、backbone.js以外にも、jqueryやunderscoreなどのライブラリが必要ですね。

TODOアプリのhtmlファイルの中身はこんな感じ。

  ~省略~
  <script src="http://backbonejs.org/backbone.js"></script>
  <script src="json2.min.js"></script>
  <script src="http://code.jquery.com/jquery-2.0.3.min.js"></script>
  <script src="http://underscorejs.org/underscore-min.js"></script>
  <script src="backbone.localStorage.js"></script>
  ~省略~

jqueryとunderscoreは本家ページを見ても分かる通り、ほぼ使用必須らしいので、backboneを使いこなすにはそれぞれ知識をつけておく必要が。というわけで、結構使用に関して敷居が高いかな、と少々思いました。