読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめすこんぶ

日々のプログラミングで残しておきたいメモ.何かの役に立てれば幸いです.

Titanium Studioでiphoneアプリ製作に初挑戦してみた

スポンサーリンク

通常、iphoneアプリを作ろうと思うと、Objective Cの知識が必要になります。 ですが、Titanium Studioという開発環境であれば、なんとjavascriptでネイティブアプリケーションを作れる!そうです。やっぱり、馴染み深いjavascriptでかけるならそれに越したことは無いですし、スクリプト言語であるjavascriptなら簡単にさらっとアプリが作れそうです。

早速インストールして、iphoneアプリ製作にチャレンジしてみました。これで簡単にiphoneアプリが作れる!と高をくくっていたのですが、なかなか道のりが長かったです。インストールとかで数時間以上かかりました…

時間がかかった原因

  • 参考ページの情報が古い。TitaniumStudioのバージョンが古いと割りとインストールの手順も変わるので、あまり参考にならなかった。検索の仕方も悪かったな、と反省。
  • Xcodeなどのインストールもしないといけないので、やたらダウンロードで時間を食ってしまう。

せっかく最新の記事がないなら作ってしまおう、ということで、この記事では、現在(2013/12/31)の最新のインストール方法を説明します。では、奮闘の結果を御覧ください。今回はインストールから、サンプルプログラムの実行までです。

必要ソフトのインストール

Xcodeのインストール

Xcode5をダウンロード。 Xcode Downloads and Resources - Apple Developer f:id:konbu13:20131231203553j:plain

めっちゃ時間かかります。気長に待ちましょう。 インストールにはApple Developerの登録が必要なので注意。

node.js

node.js

Machintosh Installerをクリック。

Titaniumのインストール

Appcelerator Inc. | The Mobile First Platform からProducts→Titaniumをクリック。 f:id:konbu13:20131231203853j:plain

Titanium Mobile Application Development | Appcelerator Inc.

DOWNLOAD TITANIUM FOR FREE をクリック。

Sign Up for an Appcelerator Developer Account

名前とメールアドレス、パスワードをいれてsign up (名前は後で変更できます)。 f:id:konbu13:20131231203925j:plain

確認用のメールが来る。 リンクをクリックしてログイン。

Resources からMac用をダウンロード。

「1. Download Titanium Studio」からMacをクリック。

ダウンロード完了後、dmgをダブルクリック。

下の図のTitanium Studioのフォルダをダブルクリック。 Finderが出てくるので、Titanium StudioをApplicationsフォルダに移動。 (もしくは、図のTitaniumフォルダをそのままドラッグして図中のApplicationsフォルダに入れても行けるらしい) f:id:konbu13:20131231203956j:plain

Titanium Studio.appをダブルクリックでアプリ起動。

起動後、ワークスペースを選択するダイアログが出る。適当なフォルダを設定する。 ユーザー情報を聞かれるので、メールアドレスとパスワードを入れてログインする。 続いて、Titanium Updatesのウインドウが出現する。

とりあえず全部チェックでNext、ソフトのインストールを行う。

途中、ライセンスに同意するか、という画面がでるが、ライセンスが白紙なのが気になりつつI accept..にチェック。

titaniumのパスワードを入力してインストール開始。 インストールをRun in Backgroundにしておく。

途中、「Platform Configuration」の画面が出ることがあります。 f:id:konbu13:20131231204500j:plain

Configureをクリックして、プラットフォームをインストール。 今回、IOSはインストール済みなので、他のプラットフォームは今はなくてもいいかも。

今回インストールしたもの:

Xcode 5.0.2 iOS SDK 7.0.3 (Xcodeに含まれている) TItanium studio 3.2.0 Titanium CLI 3.2.0 Alloy 1.3.0 Node.ACS 1.0.11 Node.js 0.10.24

終わりに

次回は、実際にプログラムを作ってビルドしてみます。

参考になったサイト。ありがとうございます。

噂のTitanium Mobileを丸二日いじってわかったことまとめ&細かーいTipsなどなど | IDEA*IDEA

Titanium Mobile入門 (全28回) - プログラミングならドットインストール

JavaScriptを使って一週間でiPhoneアプリを作ってみた。 - ブログのおんがえし

Web技術でネイティブアプリを作れるTitanium(1):HTML+JavaScriptでiPhone/Androidアプリを作れるTitanium Mobileとは (1/3) - @IT

そのたメモ(Android関係)

JDKインストール

jdk-7u45-macosx-x64.dmgをダウンロード(Oracleのインストールページから)

Android SDKの設定

Android SDK | Android Developers

Download..というところをクリック。 adt-bundle-mac-x86_64-20131030.zipがダウンロードされる。 解凍したフォルダ内のsdkの名前をandroid-sdkに変えて、そいつをホームディレクトリに持ってく。 Installing the Android SDK - Titanium 3.X - Appcelerator Docs にやり方が載ってました。

ターミナルで

~/android-sdk/tools/android

と指定して、android Managerが起動される。現在インストールされているsdkのバージョンがわかる。 今回は、Android SDK 4.4でした。

Titanium stadioを起動、メニューのTitanium stadio→環境設定→Studio→Platform→Android

Android SDKのHome:に先ほどのandroid-sdkのフォルダパスを指定→OK。

ターミナルで以下を入力。

titanium config android.sdk /Users/appc/sdk/android-sdk/

これでターミナルでもビルドができるようになった。 しかし、相変わらず実行時のエラーに悩まされる… 今のところAndroidはうまく行ってません。