読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うめすこんぶ

日々のプログラミングで残しておきたいメモ.何かの役に立てれば幸いです.

「SwingDesigner」でSwingアプリケーションをつくろう! その4~ファイルの中身を表示

スポンサーリンク

今回は,テキストファイルの中身をアプリケーション上に表示してみましょう.

ファイルハンドラのクラスを作る

javaでファイル操作するクラス作った~読み込みと書き込みを手っ取り早く… - プログラミングのメモに書いたファイルハンドラのクラスを新規作成してファイルを読み込めるようにしておきます. Swingアプリケーションのクラスとは独立しておいたほうが何かと便利...

テキストエリアを作成

後々のことを考えると,図のように長い文章の場合は,テキストエリアがスクロールするほうが便利です. f:id:konbu13:20131227181045j:plain

そこで,JScrollPaneのコンポーネントをはじめに設置します.

JScrollPaneを設置

PaletteからJScrollPaneを選んで,貼り付け.大きさは適当に拡大.

JTextAreaを設置

PaletteからJTextAreaを選んで,JScrollPaneの上に貼り付け. ソースを見て,下のようにJScrollPaneのコンストラクタの引数にtextAreaがなっているか確認.

...
scrollPane = new JScrollPane(); 
scrollPane.setBounds(12, 36, 410, 216);
frmTexteditor.getContentPane().add(scrollPane);

textArea = new JTextArea();
scrollPane.setViewportView(textArea);
...

これは,textAreaがスクロール可能なパネルの上に設置されたことを意味します. 逆に, JScrollPaneの上に設置しないと,スクロールできません.

textAreaの設定

DesignタブのプロパティーでtextAreaの設定をします. lineWrapをtrueに.こうすると,テキストが端まで行くと折り返されるようになります. wrapStyleWordをtrueに.こうすると,英単語が改行時に途中で分割されることがなくなります.

ソース:
textArea.setLineWrap(true);
textArea.setWrapStyleWord(true);

ファイルハンドラで読み込んだファイルを文字列にして,テキストエリアにセットする

actionPerformed(ActionEvent e)を以下のように書きます. textArea.setText(FileHandler.read(file.getPath())); が今回の追記部分です.

public void actionPerformed(ActionEvent e) {
    JFileChooser filechooser = new JFileChooser(); // ファイル選択用クラス
    int selected = filechooser.showOpenDialog(frmTexteditor); //「開く」ダイアログ表示
    if (selected == JFileChooser.APPROVE_OPTION){ //ファイルが選択されたら
        File file = filechooser.getSelectedFile(); 
        lblNewLabel.setText(file.getName()); //ラベルの文字をファイル名に
        textArea.setText(FileHandler.read(file.getPath())); //ファイルの中身を表示
     }
}
ポイント:
  1. file.getPath()では参照しているファイルのパス名をゲット.
  2. textArea.setText(text :String)でテキストエリアに文字セット.

最後に,実行(F11)して色々なファイルを開いてみましょう! 長いファイルになると,スクロールバーが表示されるはずです. また,テキストの編集もできます.

さて次回は,編集したテキストを保存してみましょう.

今回のソース

package swingTest;

import java.awt.EventQueue;
import java.awt.event.ActionEvent;
import java.io.File;

import javax.swing.AbstractAction;
import javax.swing.Action;
import javax.swing.JButton;
import javax.swing.JFileChooser;
import javax.swing.JFrame;
import javax.swing.JLabel;
import javax.swing.JScrollPane;
import javax.swing.JTextArea;

public class TextEditorApp {

    private JFrame frmTexteditor; 
    private JLabel lblNewLabel; // ラベルの追加
    private JButton btnNewButton; //ボタンの追加
    private final Action action = new SwingAction(); //アクション追加
    private JScrollPane scrollPane; // スクロールするエリアを追加
    private JTextArea textArea; //テキスト表示エリアを追加
    /**
    * Launch the application.
    */
    public static void main(String[] args) {
        EventQueue.invokeLater(new Runnable() {
            public void run() {
                try {
                    TextEditorApp window = new TextEditorApp();
                    window.frmTexteditor.setVisible(true);
                } catch (Exception e) {
                    e.printStackTrace();
                }
            }
        });
    }

    /**
    * Create the application.
    */
    public TextEditorApp() {
        initialize();
    }

    /**
    * Initialize the contents of the frame.
    */
    private void initialize() {
        frmTexteditor = new JFrame();
        frmTexteditor.setTitle("textEditor");
        frmTexteditor.setBounds(100, 100, 450, 300);
        frmTexteditor.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
        frmTexteditor.getContentPane().setLayout(null);
        
        lblNewLabel = new JLabel("New label"); // ラベルを初期化
        lblNewLabel.setBounds(126, 9, 83, 13);
        frmTexteditor.getContentPane().add(lblNewLabel);
        
        btnNewButton = new JButton(); // ボタンを初期化
        btnNewButton.setBounds(214, 5, 83, 21);
        btnNewButton.setAction(action);  // ボタンにアクションを設定
        frmTexteditor.getContentPane().add(btnNewButton);
        
        scrollPane = new JScrollPane(); 
        scrollPane.setBounds(12, 36, 410, 216);
        frmTexteditor.getContentPane().add(scrollPane);
        
        textArea = new JTextArea();
        textArea.setWrapStyleWord(true);
        textArea.setLineWrap(true);
        scrollPane.setViewportView(textArea);
        
    }

    private class SwingAction extends AbstractAction {
        public SwingAction() {
            putValue(NAME, "開く"); //名前を変更
            putValue(SHORT_DESCRIPTION, "Some short description");
        }
        public void actionPerformed(ActionEvent e) {
            JFileChooser filechooser = new JFileChooser(); // ファイル選択用クラス

            int selected = filechooser.showOpenDialog(frmTexteditor); //「開く」ダイアログ表示
            if (selected == JFileChooser.APPROVE_OPTION){ //ファイルが選択されたら
                File file = filechooser.getSelectedFile(); 
                lblNewLabel.setText(file.getName()); //ラベルの文字をファイル名に
                textArea.setText(FileHandler.read(file.getPath())); //ファイルの中身を表示
             }
        }
    }
}